サプリ.jpg

胎児の神経系の障害を予防するために、
妊娠中の葉酸の摂取はとても大切なことです。

厚生労働省では妊婦に必要な葉酸の1日の
目安として400μg(マイクログラム)
と定めています。

ですから適切な量をきちんと摂取し、
過剰摂取にならないように注意する必要があります。

どれだけの量を摂ると葉酸の過剰摂取となるのか?


疑問女性.png

生まれてくる赤ちゃんのことを考えると、
葉酸をたくさんとればよいような気もします。

たくさんとれば、それだけで
神経管閉鎖症などの障害のリスクを低減させることが
できるかというとそういうものでもありません。

厚生労働省は注意喚起として1日の葉酸の摂取量の
上限を1000μg
と定めています。

食事とサプリで葉酸1000μgを超えることはないの?


過剰摂取.jpg

葉酸サプリの容量を守っていても、
普段の食事で野菜などから摂れる葉酸を合わせると
1000μgを超えてしまうのでは?という心配も考えられますが、

食べ物から摂取される葉酸は調理する過程で
およそ50%程失われてしまうため、
葉酸サプリと普段の食事で過剰摂取になるようなことは
まず、ほとんどない
ので、心配することはないでしょう。

また、葉酸を1日に1000μgというとかなりの量になりますので、
例えば、葉酸サプリを容量用法を守らずに、無理な飲み方をしない限り、
さほど心配するようなことでもありません。

葉酸を過剰摂取してしまうとどうなる?副作用は?


報告.png

これまでの研究によると、
1日に1000μgを超える量の葉酸を摂取し続けると
生まれてくる子供が喘息になる確率がおよそ3割程度
高まる
という報告がされています。

ただ、これはあくまで一例なので、普段のバランスの良い食事と、
葉酸サプリによる葉酸の適度な補給がきちんとできていれば、
それほど気に掛けることはないでしょう。